Eurotechは、“IoT Evolution Expo 2016”でRed Hatと共同展示を実施

2016年1月25日 フロリダ(米国フロリダ)
組込みシステム、Machine to Machine (M2M) プラットフォームおよびInternet of Things (IoT) ソリューションで業界をリードする Eurotech は、2016年1月25日~28日にフロリダ州フォートローダーデールで開催されたIoT Evolution 2016 に、プラチナスポンサーとして参加しました。

今回のイベントで、IoT に関する専門技術を紹介するにあたり、単独ブースで最大限の効果をあげるため、EurotechはRed Hat に出展を依頼しました。運送業界における実例や、お互いのソリューションが IoT ソリューションでどのように使用されているか、という点について説明を行いました。

また、Eurotech Inc. の CEOであるLarry Wall が、「これからの IoT ビジネス: 経済的成功を収めるための現実的な方向性 (IoT Business Perspectives: Real-World Paths to financial Success)」と題して基調講演を行いました。

さらに、同イベント開催期間中に、Intel Atom をベースにし、産業分野への対応や、堅牢性が要求される分野に向けたパワフルな IoT ゲートウェイ「ReliaGate 20-25」を発表しました。

今回のイベントでは、現場のデバイスやセンサー、アクチュエータなどをクラウドに接続し、ビジネスアプリケーションから該当データを収集、蓄積、管理するためのIoTゲートウェイを展示しました。また、商業および産業、運輸業界向けのマルチサービス・ゲートウェイとエッジコントローラも紹介しました。これらは、異なるプロセッサアーキテクチャ (Intel、ARM) 上に構築され、さまざまなIoTに対する多様なコネクティビティ手段を提供します。マルチサービス・ゲートウェイは、Eurotechの Everyware Software Framework (ESF) を内包したスマート・デバイスあるいは CPU ボードです。デバイスアプリケーションの開発フレームワークであるESFは、迅速なデバイス向けプログラミングを実現し、より広範なリモートデバイスや組込みアプリケーションの管理を可能とします。ESFはJava/OSGiをベースにした「ソフトウェア・デファインド・ゲートウェイ」であり、デバイスのハードウェア機能を仮想化してJavaのクラスとして取り扱います。複数のIoTデバイスが、Eurotechのモジューラセルラーアダプタ ReliaCELL をサポートしているため、世界の様々なモバイルキャリアネットワークに対して、すぐにゲートウェイを導入することができます。

IoTソリューションを構築する上での大きな課題の1つに、エンタープライズITにおける運用テクノロジーとの連携があります。デバイスやセンサー、そしてアクチュエータなどを、分析や業務用アプリケーションとリアルタイムに連携できることが、EurotechのIoT統合プラットフォームである Everyware Cloud (EC) の強みであり、分散したデバイスをセキュアで信頼性の高いクラウドサービスに接続することで、デバイスおよびデータに対する管理をよりシンプルにできます。ユーザーは、EC を使用することで、メンテナンスから使用中止に至るまで、その全ライフサイクルを通じて、導入デバイスに対する接続や設定、そして管理を行なうことができます。

Red Hatについて
Red Hat は、オープンソース・ソフトウェアソリューションのリーディングプロバイダーとして、コミュニティが持つ力を活用しながら、高い信頼性とパフォーマンスを誇るクラウド、Linux、ミドルウェア、ストレージや仮想化テクノロジーを提供しています。また数々の賞を受けたサポート、トレーニング、コンサルティングサービスも提供しています。エンタープライズ、パートナー、そしてオープンソースコミュニティから構成されるグローバルネットワークの中心的存在として、Red Hat では、顧客企業に対して現実的かつ革新性にあふれるテクノロジーを提供し、顧客企業は、自社のリソースを、将来的な成長や IT 環境に向けて最大限に活用することができます。Red Hat は、モノのインターネットのためのエッジデバイスからエンタープライズ向けアプリーションに至るまで、すべて同じセキュアなソフトウェアプラットフォームを使用し、オープンソースに限定した、総合的なソリューションスタックを提供しています。Red Hat のパートナーは、これらのソリューションの提供とサポートを担当します。そして顧客企業は、業界で実証済みのソリューションをベースに、重要なデータの収集や、転送、変換、蓄積、処理などを素早く実施することができます。詳しくは、 redhat.com/iot をご覧ください。


This site uses technical or similar cookies and third parties profiling cookies in aggregate form to improve your navigation experience and the use of the site. If you want to know more or opt out of some cookies consult our cookies extended policy.
By closing this banner or continuing navigation in any other way, you allow the use of cookies.