ユーロテックは、耐環境実装型セルラアダプタ「ReliaCELL」を発表

認証済みセルラソリューションが、M2MとIoTプロジェクトのコストダウンとタイム・トゥ・マーケットを実現します

2014年2月24日 Mobile World Congress(ホール6 - ブース6J18)

組込みコンピューティング・プラットフォームや高機能システムのリーディングサプライヤであるユーロテックは、このたびモノのインターネット(IoT)、M2M、およびエンタープライズアプライアンスを、高速で高信頼性のセルラに接続するためにデザインされた、耐環境実装型セルラアダプタReliaCELLを発表しました。ReliaCELLはキャリア認証取得済みのため、タイム・トゥ・マーケットを早めることができます。

ユーロテックグループのチーフマーケティングオフィサー(CMO)、ロバート・アンドレスは次のように語っています。「セルラ技術を使用可能にするのは、企業顧客が直面しているもっとも厳しく時間のかかる課題のひとつですが、ReliaCELLはそのセルラの問題を解決します。ユーロテックは、耐環境性に妥協することなく、セルラ部分をモジュール化して、組込みシステムにセルラを追加することを可能にしています。ReliaCELLはすでにキャリア認証を取得しているため、セルラのキャリア認証を取得するために多大な労力をかけることなく、時間と費用を削減することができます。」

ReliaCELLは密閉されており、耐環境性はIP67クラスで、どのようなサーフェイスでも単純にマウントすることができます。グローバル販売され、製品に展開可能なReliaCELLは、製品ロードマップが2Gから3G、そして4Gへといった技術革新に際しても、ハードウェアのコストをそれほどかけずに容易な意向を可能にします。

ユーロテックは現在、ユーロテックのEveryware Software Framework (ESF)とEveryware Cloud対応で、ReliaCELLを搭載可能な、様々なレンジのマルチサービスゲートウェイを開発しており、簡単に世界各国でアクセス可能で、要求の厳しいIoTアプリケーションにご使用いただけます。

ReliaCELLのセルラ接続オプションは、2G GSM、2.5G 1x RTT CDMA、3G HSDPA / UMTS / Evdo Rev A、4G LTEとなっています。モデルのいくつかはGPS機能を提供します。

ReliaCELLファミリーの第一弾は、2014年4月1日に販売開始されます。
製品の詳細につきましては、以下のサイトをご参照ください。
ReliaCELL 10-20の製品ページへ


This site uses technical or similar cookies and third parties profiling cookies in aggregate form to improve your navigation experience and the use of the site. If you want to know more or opt out of some cookies consult our cookies extended policy.
By closing this banner or continuing navigation in any other way, you allow the use of cookies.