オンプレミスでM2Mアプリケーションを実現する「Everyware Server」を発表

実績のある「Everyware Cloud」の技術による利便性をプライベート・データセンタで実現し、デバイスをエンタープライズアプリケーションに接続します

2014年2月4日 アマロ(イタリア)

組込みコンピューティング・プラットフォームや高機能システムのリーディングサプライヤであるユーロテックは、このたびオンプレミスのパワフルなM2Mインテグレーションプラットフォーム「Everyware Server」を発表しました。パブリッククラウドを利用したインテグレーションプラットフォーム「Everyware Cloud」の機能とサービスを、パワフルで信頼性の高いサーバに実装したことにより、装置を企業内に設置してデバイスとデータの管理をおこなうことができるため、高いレベルでのデータセキュリティやプライバシー保護が可能になります。「Everyware Server」にはさまざまなデバイスが接続可能で、データをほぼリアルタイムにビジネス・アプリケーションに取り込むことができます。

ユーロテックグループのチーフマーケティングオフィサー(CMO)、ロバート・アンドレスは次のように語っています。「多くの企業がパブリックのクラウドソリューションを活用したいと思う一方で、データを自社のデータセンタでセキュアに管理しなければならないという必要性があります。産業、ヘルスケア、交通などさまざまな分野の企業で求められるこのようなニーズに応えるために、ユーロテックは簡単で効果的にセキュアなソリューションを企業のITインフラにシームレスに導入できる「Everyware Server」を開発しました。実績のあるユーロテックのハードウェアやソフトウェアを使用することで、世界中のフィールドにあるデバイスにそれぞれのビジネス・ロジックを使って接続し、迅速にM2Mソリューションを立ち上げてサービスを開始することが可能となります。」

「Everyware Server」の特長:
  • 企業データ、およびデバイス用のコントロールとプライバシー管理
  • AlwaysOn収集、ストレージ、分析、およびアクセスを含むデータ管理
  • 中央集中型のアプリケーションのアップデート、設定、およびリモートリブート用のデバイス管理
  • 標準プロトコルによるセキュリティ、および信頼性
  • 迅速で簡単なセットアップ:インタラクティブなウェブインタフェースを使用したシステム接続と設定
  • 1TB のストレージと高速プロセッシングを備えたオンプレミス(企業内設置型)アプライアンス
  • インダストリアルグレード 1U 19インチ ラックマウントシステム

「Everyware Server」は、アクションを起こすためのトリガとなるデータをフィールドから収集して、アプリケーションやビジネスプロセス、あるいはダッシュボードやレポートに提供します。「Everyware Server」のパワーと柔軟性が、お客様のビジネス展開における迅速な意思決定を可能にします。
製品の詳細につきましては、以下のサイトをご参照ください。
日本語データシートへ
英語サイトへ


This site uses technical or similar cookies and third parties profiling cookies in aggregate form to improve your navigation experience and the use of the site. If you want to know more or opt out of some cookies consult our cookies extended policy.
By closing this banner or continuing navigation in any other way, you allow the use of cookies.