THE EVOLUTION OF ENERGY MANAGEMENT

Connected edge systems, smart metering and data analytics for efficient and cost-effective energy networks

  • スマートグリッド/電力配給
  • エネルギー管理
  • インテリジェント・ビルディング

エネルギー/ユーティリティ

エネルギー分野におけるIoTのテクノロジーでは、設備のデータをリモートで取得できる管理システムを構築することで、エネルギーの利用効率化や、過度の電力需要ストレスの低減化、またその管理を簡略化できることが大きなメリットとして挙げられます。

フィールドの機器は、電力消費に関する貴重なデータや情報を収集するエッジネットワーク上のスマートセンサやスマートメーターに接続されます。IoTによって、このようなネットワークをリモートで管理することができ、インテリジェントなエッジ、スマートグリッド、スマート電力配給インフラを実現します。

mail
問い合わせ
* 入力必須項目
個人情報保護方針に同意しますか
マーケティングメール受信に同意しますか - 読む
当社はマーケティングコミュニケーションを共有したいと考えています。 ユーロテックの最新製品、イベント、ニュースレターを更新して、マーケティングEメールの受信に同意してください。データの管理方法の詳細や最新版申込設定の詳細を希望する場合は「個人情報」のこちらをご参照ください。
よろしければ「送信」、やり直す場合は「リセット」をクリック

スマートグリッド/電力配給

リアルタイムでの設備モニタリングはIoTベースのインフラとしての大きな特長の一つで、 設備の状況認識とグリッド・インテリジェンスを駆使し、エネルギーデータ管理を大幅に改善するためのものです。これにより、発電所がどのように稼働しているかを把握し、革新的な意思決定をすることができます。

公益事業者や電力配給事業者は、フィールド機器からのデータをリモートで解析したり、そのデータをエンドユーザーへ還元したりできるIoTベースのアプリによって、電力消費状況を完全に把握できるようになります。

エネルギー管理

また、ユーザー側は、インテリジェントなエッジデバイスで、どのようにエネルギーを消費しているかを把握でき、電気の無駄遣いをなくし、より良いエネルギーの使い方を実践することができます。

インテリジェント・デバイスに接続されたスマートメーターは、事業者にフィールド上で収集したデータに基づくビジネス上の意志決定の機会をもたらします。また、エッジコンピューティングやコグニティブ・コンピューティングによるアナリティクスが、データセンターやネットワークの負荷、またその費用を削減し、新しいビジネスモデルを確立します。

新たなIoT技術は、エネルギー管理において、最適化されたグリッド性能、予兆保全、運用改善、そしてフィールド業務の単純化といった効果をもたらします。

インテリジェント・ビルディング

ビルなどの建造物に設置されたスマートメーターとインテリジェント・エッジデバイスは、エネルギー消費に関する有用なデータを収集します。

このようなスマートデバイスが、建造物とスマートエネルギーグリッドとを接続し、データアナリティクスとリモート・コントロール機能を通じて効率的なエネルギー管理を可能にします。

事業者はこのようなリモートデバイス管理や予兆診断といった真の付加価値サービスに投資をすることで、顧客とより良い関係を築くことができます。

また、こうしたデータを利用して、フィールドの作業管理費用を削減し、保守効率を改善することも可能です。

当サイトもしくはサードパーティーツールはサイトの適切な機能やCookieポリシーに記載されている目的に役立てるためCookieを使用しています。 詳細を知りたい場合、すべてまたは一部のCookieの配信停止を希望の場合は、こちらをご覧ください。
cookie policy
このバナーを閉じたり、ページをスクロールしたり、リンクをクリックしたり、その他の方法でナビゲーションを続ける為に、Cookieが使用されます。
同意する